美白成分と効率的な補い方-ハイドロキノン

現段階ではもっとも強力な美白作用を持ち、予防はもちろん出来てしまったシミにも効果的

ハイドロキノン美白成分の代名詞ともいえる成分で、もともと美白化粧品はこの成分を配合することからはじまったといっても過言ではありません。

 

現在ではさまざまな美白成分が美白化粧品に使用されていますが、それらも当初はハイドロキノンの難点や問題点を気にすることなく使用できるかどうかで選ばれた面があります。

 

ハイドロキノンの特徴はなんと言っても非常に強力な美白作用にあります。「肌の漂白剤」などといわれることもあり、現在でもこれを越える美白成分はありません。しかも他の美白成分にはないメリットも備えています。

 

ハイドロキノン以外の美白成分はそのほとんどがメラニン色素の生成を抑制する作用のことを美白作用と銘打っています。

 

つまりシミの原因となるメラニン色素を防ぐことで予防ができるわけです。ハイドロキノンにももちろんこの働きが備わっているわけですが、もうひとつ、還元作用という非常に重要な作用も備えているのです。

 

これはすでに沈着を起こしてシミになってしまったメラニン色素を薄くすることができるもので、予防から一歩進んで改善・解消にも役立てることができます。

 

ですから予防効果をメインとしたアルブチンなど他の美白成分では思うように薄くすることができなかったシミもハイドロキノンを使用すれば効果が得られることもあるのです。

 

なお、現在美白化粧品に使用されている美白成分の中で還元作用を備えているのはハイドロキノンとビタミンC誘導体のみです。ただ美白作用に関してはビタミンCはハイドロキノンに大きく劣ります。

最強の美白成分である反面、慎重な取り扱いが必要

このように最強の美白成分といってもよいのですが、日ごろのケアで補っていく場合にはいろいろな面で注意が必要です。非常に強力な美白作用を備えている一方、肌への刺激も強く肌質によっては効果よりも副作用の方が強く出てしまう恐れがあるのです。

 

もともとシミができやすい肌はバリア機能の低下で刺激に敏感になっていますから、そもそもハイドロキノンの使用が適さないというケースも十分にあるのです。

 

ですからまず自分の肌がハイドロキノンを使っても問題ないのかどうかを確認しておきましょう。

 

いきなり顔全体に塗付するのではなく、少し使ってみてピリピリするなど刺激を感じないかどうかを確認するのがおススメです。また、ハイドロキノン配合の美白化粧品には必ず濃度が記載されています。

 

1〜5パーセントまでがあるので最初はもっとも低い1パーセントからはじめて問題がなければ高めのものを試してみる、といった段階を踏んだ補い方も取り入れてみましょう。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

美白成分と効率的な補い方-ビタミンC誘導体

美白成分としておなじみとなりつつある有効成分、シミの還元作用も期待できる

ビタミンC誘導体「万能のビタミン」とも呼ばれ多くのスキンケア製品に配合されています。

 

日ごろ美容液を使用している方にとってはすっかりおなじみの成分でしょう。美肌対策に役立つ非常に優れた作用を備えているこのビタミンですが、その作用の一つに美白効果があります。

 

ビタミンC誘導体が美白成分として配合されるようになったのは比較的最近のことで、まだ美白成分としてあまり知られていない面もあります。

 

しかし成分に関する研究が進んだこともあって他の美白成分にはない魅力を備えていることが明らかになっています。

 

その最大のポイントが還元作用です。美白化粧品に配合されている美白成分のほとんどはメラニン色素の生成を抑制する作用、つまりシミの原因を根本から改善する予防効果がメインです。

 

それに対してビタミンC誘導体はメラニン色素を抑制する作用に加えてすでに沈着を起こしてシミになってしまったメラニンを薄くしていく還元作用も備えているのです。

 

ですからシミができてしまった、濃くなってしまっているという方にとっては他の美白成分よりもこのビタミンCの方が適しているのです。

 

この還元作用はハイドロキノンにも備わっていますが、強力な美白作用で知られるこのハイドロキノンは肌への刺激も強く、バリア機能が低下している肌に使用すると美白作用よりも肌荒れなどのトラブルの方が強く出てしまう恐れもあります。

 

それに対してビタミンC誘導体はそのような心配もなく、刺激に敏感な肌にも使いやすいというメリットがあります。

同じビタミンC誘導体でも結合した物質の種類などで浸透性が異なるので製品ごとにチェックを

もうひとつ大きな特徴として挙げられるのがおなじみのさまざまな美肌効果が美白対策に役立ってくれる点です。

 

抗酸化作用で老化を防げばバリア機能を改善してメラニン色素が作られにくい肌環境へと導くことができますし、ターンオーバーを活性化させる働きはメラニンの排出を促して沈着によるシミを防ぐのに役立ちます。

 

このように肌環境を広く改善していくことでシミができにくい若々しく健康な肌作りにも活用できるのです。

 

ただ美白成分としての働きはあまり弱めなので、地道に継続して使い続けるのが効率的な補い方のポイントです。またビタミンC誘導体は浸透性をアップさせるためビタミンCと他の成分を結合させて作られたものです。

 

そのため同じビタミンC誘導体でも結合した物質の種類などで浸透性が異なってくるため、製品の紹介ページで配合されているビタミンCの詳細を確認してできるだけ浸透しやすいものを選ぶのもせび心がけておきたいポイントです。

美白成分と効率的な補い方-トラネキサム酸

肝斑のケアに用いられ、皮膚科でも内服薬として処方されることが多い

トラネキサム酸は現在ではアルブチンと並んでおなじみの美白成分としてさまざまな美白化粧品に配合されるようになっていますが、もともとは皮膚科でシミ対策を行う際によく処方される成分です。

 

とくに肝斑のケアに役立つ数少ない成分として治療の際に用いられています。

 

ですからトラネキサム酸はまず肝斑の悩みを抱えている方に適した美白成分です。

 

このシミは30代〜40代によく見られ、原因がまだはっきりと解明されていないうえにホルモンバランスの乱れが深く関与していると考えられており、なかなかスキンケアで予防・改善していくのが難しいと言われています。

 

それだけに肝斑ができてしまった場合のケアにトラネキサム酸は非常に適しているのです。スキンケアでは肝斑がどうしてもうまく改善されない場合には皮膚科でトラネキサム酸の内服薬を処方してもらって治療を行っていく、という選択肢もあります。

 

ただトラネキサム酸は肝斑だけでなく広くシミ対策に活用していくことができます。

 

医療の分野では肝斑の治療だけでなく止血剤や炎症を防ぐためにも長く用いられてきたのですが、この血を止めたり、炎症を防ぐのに役立つ抗ブラスミンという働きがメラニン色素の抑制する働きがあるのです。

 

ですから紫外線のダメージによるメラニン色素の生成を防ぐ場合だけでなく、バリア機能の低下で炎症を起こしやすくちょっとした刺激でメラニン色素が増加してしまうような不安定な肌の美白対策にも適しています。

自分で活用する際はターンオーバーを活性化させる成分とうまく組み合わせて使いたい

ではこの美白成分はどうやって補っていけばよいのでしょうか?

 

肝斑対策では何度か触れましたが皮膚科で内服薬を処方してもらうのが一番なのですが、自分でシミ対策を行っていく場合にはまずターンオーバーを活性化させる成分とうまく組み合わせていくようにしましょう。

 

アルブチンなどの多くの美白成分と同様に基本的にはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する、つまりシミの予防効果がメインです。

 

ですからすでにできてしまったシミを改善するためにはプラスターンオーバーの活性化で沈着を起こした角質と新しく作られた角質との入れ替わりを促すケアも必要なのです。

 

また現在売られている美白成分の中にはビタミンC誘導体やアルブチンといった他の美白成分と併せて配合されているものもあります。

 

こうした相乗効果が期待できる美白化粧品を使用することでトラネキサム酸の働きをさらに高めることもできるでしょう。

 

なお、肝斑に関してはピルを長期間服用しているとできやすくなると言われているのでトラネキサム酸で肝斑対策を行っていく場合には頭に入れておきましょう。

美白成分と効率的な補い方-プラセンタエキス

プラセンタによる成長因子がターンオーバーを促し、結果的に美白作用をもたらすとされている

プラセンタエキスは比較的最近になって美白成分として化粧品に配合されるようになった成分です。

 

しかし美肌成分としてはすでに広く知られており、さまざまな目的でスキンケアに役立てられています。

 

このさまざまな目的で用いられているという段階でこの成分には幅広い作用が備わっていることがうかがえるのですが、そのうち美白作用に注目が集まるようになっているのです。

 

プラセンタとは胎盤を意味する言葉で動物の胎盤から抽出されたエキスをもとにして作られています。胎盤は胎児の成長を促す非常に重要な器官だけに栄養価が優れており、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。

 

これを肌に補うことで老化や紫外線のダメージなどによって低下した肌の健康を改善するだけでなく、血行促進や基礎代謝の向上、免疫力の強化、抗炎症作用などの働きを得ることもできるのです。

 

ただプラセンタエキスの特徴としてもっと広く知られているのは成長因子(グロースファクター)の存在でしょう。

 

胎児の細胞分裂を促すこの成長因子を肌に塗付することで角質細胞を活性化し、ターンオーバーを促す作用が得られます。そのため老化の影響でターンオーバーが乱れがちな肌のエイジングケアに活用される機会が多いのです。

美白作用だけでなく、メラニン生成の阻害や沈着阻止でシミそのものができにくい肌へ導くとも

そして美白作用としてはメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。他の美白成分と同様、メラニン色素の深く関与するチロシナーゼという酵素の働きを阻害することでメラニンが増加するのを防ぐことができるのです。

 

ただこのプラセンタエキスには他の美白成分にはない大きな魅力があります。それはこれまで挙げてきた美肌効果も美白対策に役立ってくれる点です。

 

もともとメラニン色素はバリア機能が低下していると増えやすく、ターンオーバーが乱れていると沈着を起こしやすくなります。ですからプラセンタエキスならメラニンの生成を直接阻害しつつ、メラニンが増えにくく沈着を起こしにくい肌環境へと改善していくこともできるのです。

 

そのため、この成分を美白成分としてうまく補っていく場合にはバリア機能を改善する保湿成分など美肌に役立つ成分とうまく組み合わせていくのがポイントです。

 

美白成分に頼ったケアではなく、トータルなスキンケアの一環としてプラセンタを美白に役立てていく意識で行っていきましょう。

 

また、プラセンタエキスの中にはグロースファクターが含まれていない植物由来のものもあるので原材料もよくチェックした上で選んでいきたいところです。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

シミ・くすみに人気のオールインワン

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

3500万個突破!潤いと美白が同時に実感できる最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美容有効成分99%!洗顔後30秒でニキビをシミにさせない美白オールインワン
4,996円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,496円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!