敏感肌でも美白になりたい!敏感肌の美白ケア方法とは?

敏感肌の難点は刺激に敏感なためスキンケアが思うようにできない点です。とくに美容液に刺激を受けやすく、化粧水を使うのが精一杯という方も少なくありません。まして刺激が強い製品も多い美白化粧品なんてとても無理、という方も。

今では肌環境そのものを改善し美白ケアを目指す化粧品が多い

敏感肌の美白ケア

そもそもバリア機能が低下して刺激に敏感な肌のほうが紫外線などの影響でメラニン色素が増加しやすく、シミができやすい環境にあります。にもかかわらず美白ケアが思うようにできないのでは不公平にも思えます。以前市販されていた美白化粧品の多くは敏感肌の使用には適さないものが多く、本当に美白ケアを求めている人に適切な製品が届けられていない面もありました。

 

その原因はおもに2つあります。まず以前は化粧品に配合できる美白成分の選択肢が限られていたこと。ハイドロキノンに代表されるように美白効果は高いけれどもその分刺激も強い成分が多く配合されていたのです。

 

この点はアルブチンの登場によってかなり改善されましたが、敏感肌にとってはアルブチンでも刺激が強いケースが少なくありません。しかし現在ではより低刺激で無理なく使える美白成分が増えています。

 

もうひとつの原因は美白成分の効果にばかり頼っていた製品が多かった点です。そのため美白効果を求めようとするとどうしても刺激の強い成分を配合せざるを得ず、敏感肌には適させない内容になってしまっていました。

 

しかしこの点も現在では改善され、美白成分の効果だけでなく保湿によるバリア機能の改善、ターンオーバーの活性化によるメラニン色素の排出といった肌環境そのものを改善することでより総合的な美白ケアができる製品が増えています

敏感肌は低刺激な美白成分でケアすること

敏感肌の美白ケア

ですから敏感肌が美白ケアを行っていく場合には低刺激の美白成分を配合し、保湿効果とターンオーバーの活性化を備えた美白化粧品を選ぶのがオススメです。美白成分ではビタミンC誘導体とプラセンタがとくにオススメです。保湿成分でバリア機能を改善すればより入念な美白対策を行っていきやすくなります。

 

また美白化粧品以外のケアもうまく取り入れていきましょう。ビタミンCやプラセンタエキスといった美白成分や保湿成分をサプリメントで摂取する方法もオススメです。肌に直接塗付するのに比べると効果は落ちますが、何より肌を刺激しないのが魅力です。

 

それから睡眠環境と水分摂取を心がけて体の内面から肌の水分不足を改善していくケアも取り入れていくようにしましょう。

 

ダイエットをしている人はたんぱく質とアミノ酸を摂取するのも大事ですし、鉄分不足が血行不良をもたらしている可能性もあるのでこれもサプリメントで摂取してみるとよいかもしれません。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

シミ・くすみに人気のオールインワン

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

3500万個突破!潤いと美白が同時に実感できる最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美容有効成分99%!洗顔後30秒でニキビをシミにさせない美白オールインワン
4,996円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,496円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!