食生活でもシミ対策はできる?

シミ対策としておすすめな栄養は万能のビタミンと名高い「ビタミンC」

シミ対策は美白化粧品で行っている、という方も多いでしょう。

 

肌に直接美白成分を塗付することが一番効果的な方法なのはもちろんですが、食生活で体の内面からアプローチしていくことも大事です。

 

美白化粧品に比べると直接の効果という点では劣るかもしれませんが、シミはもともと肌環境の悪化や老化が深く関わっているため、それを根本から改善していく意味でも食生活は対策の一環としてとても大事なのです。

 

そんな食生活でのシミ対策でおススメなのがビタミンCが含まれた食品です。

 

ビタミンCといえば美白成分として美白化粧品に配合される機会も増えていますが、もともと「万能のビタミン」などと呼ばれ老化を防ぐ抗酸化作用、コラーゲンの生成を促す作用など優れた働きを備えています。

 

レモンに含まれていることで有名ですがその他の柑橘類、さらにアセロラ、キウイフルーツ、ゴーヤ、パセリ、柿などにも含まれています。広い意味での美肌対策としてもぜひ取り入れていきたいところです。

 

それからポリフェノール。シミの悩みは老化と切っても切り離せない関係にありますから、老化を防ぐための食生活もシミ対策の大事なポイントです。ポリフェノールの中でもとくに抗酸化作用に優れているとされるリコピンなどがおススメです。

 

トマト、スイカ、柿、ニンジンなど赤い食べ物に含まれています。そのほかでは赤ワイン、お茶、ブルーベリーなどもポリフェノールを摂取できるよい食べ物です。

肌環境そのものを整えるビタミンBやビタミンAも積極的に摂取したい栄養素

ビタミンの摂取ももちろん欠かせません。まず肌の代謝を促すビタミンB群。疲労回復やストレス対策にも役立つのでシミが気になる年齢の健康維持にも役立つでしょう。

 

鶏肉、牛肉、うなぎ、牡蠣、レバーなどで摂取できます。それからビタミンCと並んで抗酸化成分としておなじみのビタミンEナッツ類、ほうれん草、かぼちゃ、うなぎ、いくら、アボカドなどで摂取できます。

 

ビタミンB群とこのEは野菜以外の食べ物に多く含まれているビタミンなので注意しましょう。

 

他にも皮膚と粘膜の健康を保つのに役立つビタミンAが含まれているにんじん、ほうれん草、ニラ、しそ、保湿成分のセラミドが含まれているこんにゃくなども摂取したい身近な食材です。

 

ただ、美白化粧品のように直接シミを予防・改善できる美白成分を補うというよりもシミができにくい肌作りを目指していく、という面が強いのであまり効果を実感する機会に恵まれないのが難点です。

 

それだけに結果を焦らずに毎日地道に対策を続けていくことが求められます。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

シミ・くすみに人気のオールインワン

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

3500万個突破!潤いと美白が同時に実感できる最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美容有効成分99%!洗顔後30秒でニキビをシミにさせない美白オールインワン
4,996円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,496円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!