シミの種類と対策-老人性色素斑

もっともポピュラーなシミ。バリア機能の低下により紫外線のダメージを強く受けるようになると出始める

老人性色素斑はもっとも典型的なシミです。

 

紫外線を浴びることで増加したメラニン色素が沈着を起こしてしまうのが直接の原因、そのため日ごろから日焼け対策をしっかり行っているかどうかで大きな差が出てきます。

 

老人性という言葉が使われていますが、実際には30代〜40代くらいからできることが多く、ちょうど肌の老化が進行していく時期ということもあって年齢肌の大きな悩みの一つ、そしてエイジングケアの重要なテーマともなっています。

 

これは老化の影響で乾燥が進むとバリア機能が低下していくことが原因で、若い頃には紫外線を浴びても問題がなかったのがバリア機能が低下することで強いダメージを受けるようになり、メラニン色素が蓄積されやすい環境が作られてしまうのです。

 

また、このシミは「若い頃のツケが回ってきた」などといわれることもあります。つまり老化がはじまってから浴びた紫外線のせいでできるだけでなく、若い頃にしっかりと紫外線対策を行っておかないとそのダメージの蓄積でシミができやすくなると考えられているのです。

 

そもそも若い頃に紫外線のダメージを受け続けた人の方が肌の老化が進みやすい面もあるので年齢を重ねてからケアをはじめるのではなく、若い頃から30代、40代を見据えたケアを心がけていくことが大事なのです。

 

若い頃に日焼けをしていた人は注意した方がよいでしょう。

日焼け止めは強ければいいというものではなく、肌への負担も考えて適切に使い分ける

こうした事情から対策ではまずなんといっても紫外線対策をしっかり行うことが第一です。季節ごとの日差しの強さも考慮したうえで適切な日焼け止めを使用していきましょう。

 

注意したいのはつねに強力な日焼け止めを使っていればよいというわけでは必ずしもなく、紫外線の量に合わせて適切な製品を使い分けることが大事だと言うことです。

 

UVカット効果に優れた日焼け止めほど肌への負担が大きくなるため、日差しがあまり強くないときにもずっと使っていると肌にダメージを与えてしまうことでかえってバリア機能の低下などの問題を引き起こしてしまう恐れがあります。

 

それから保湿対策でバリア機能の維持・改善を図ること、ターンオーバーの活性化を促すことも欠かせない対策の柱です。

 

バリア機能が機能していれば紫外線の刺激にも耐えられますし、ターンオーバーが活発なら生成されたメラニン色素が排出されるので沈着のリスクが少なくなるからです。老化はこの2つの機能を低下させていくので日々のケアでうまくカバーしていきましょう。

 

そして美白成分によるケア。美白成分も効果が強いと肌への刺激が強くなる傾向があるのであくまで肌に合った美白化粧品を選んでいくことが大事です。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

シミの種類と対策-肝斑

ホルモンバランスの乱れがおもな原因。スキンケアよりも心身ともに健康的な生活を送ることが重要

肝斑は現在でもまだ具体的なメカニズムがよくわかっていないシミです。30代〜40代に急にできることが多く、毎日スキンケアをしっかり行っているにも関わらず十分な効果が得られないなどなかなか難しい面もある肌トラブルでもあります。

 

現在の研究ではこの肝斑はホルモンバランスの乱れがおもな原因だと考えられています。30代〜40代は体の老化や食生活の影響などでホルモンバランスに乱れが生じやすい年齢です。

 

それが何らかの形で肌のメカニズムに影響を及ぼしてシミを作ると考えられているのです。また、妊娠中やピルを長期間使用していると肝斑ができやすくなることが明らかになっており、やはりホルモンの分泌と深く関与していることが窺えます。

 

ですから対策としてはできるだけホルモンバランスを乱さない、心身ともに健康的な生活を心がけることが第一です。そのためにはまず肝斑と普通のシミとの違いをしっかりと見極められるようにしておきましょう。

 

肝斑の大きな特徴は境界線がはっきりせずにぼんやりとしていること、そして左右対称にできることです。

 

とくに左右対称にできるのは肝斑の際立った特徴となっており、見極める際のよい判断材料となります。こうした特徴が見られた場合には美白対策だけでなくホルモンへのアプローチを含めた対策が求められます。

月経周期が乱れやすい、イライラなど精神状態の不安定が気になる時は注意したい

具体的な方法としてはストレスを解消し規則正しい生活環境を整えるといったちょっと漠然としたものになってしまいがちです。

 

ホルモンバランスの乱れは生活習慣が積み重ねとなって少しずつ進行していくことが多いため、その原因を見極めたうえで改善を目指していく必要があるのです。

 

とくに質の高い睡眠を確保できているか、栄養バランスが整った食生活を送っているかが鍵になるので自分の生活環境を見直してみるとよいでしょう。

 

月経周期が乱れやすい方は30代を過ぎて疲れやすい、イライラなどの精神状態の不安定が気になるようになってきた方は要注意です。

 

スキンケアでも対策が可能です。一般のシミと同じく紫外線を浴びると悪化するためまずは紫外線対策をしっかり行うこと。そして美白成分ではトラネキサム酸が肝斑に効果的な選択肢として皮膚科でも使用されています。

 

この成分が配合された美白化粧品を使用するほか、皮膚科で治療を受ければ内服薬を処方されることもあるのでスキンケアだけでは思うような効果が得られない場合には検討してみる価値があるでしょう。

 

ホルモンバランスが整うと自然と治ることもあるのでまずはホルモンバランスの調節から、そこにスキンケアを加えてうまくケアを行っていきましょう。

シミの種類と対策-雀卵斑(そばかす)

遺伝的な要素が大きく、できやすい人は子供のころからできる場合もある

そばかすは「雀卵斑」とも呼ばれ、シミの一種に含まれているものの他のシミに比べるとかなり異なった特徴を備えています。

 

原因もまだはっきりと解明されていない面が多く対策がなかなか難しい厄介な肌トラブルでもあります。

 

このそばかすはできる人とできない人とではっきりと分かれる傾向が見られます。これは遺伝的な要素が大きいと考えられており、一般的に白人に多く、日本人にはあまり見られないとされています。

 

そのためできやすい人は子供の頃からできるケースが多く見られます。この点でも老化との関係が深い一般的なシミと大きく異なります。

 

また子供の頃にそばかすがあった場合、成長していくにつれて少なくなっていき大人になったときにはすっかりなくなっていることもある一方、大人になってからそばかすができてしまうこともあります。

 

そのため遺伝的な要素だけで片付けるわけには行かず、日ごろの肌環境やスキンケアの影響も深く関わっていると考えられています。

 

現在の研究ではやはり紫外線の影響が大きいと考えられており、日焼けをするとそばかすができやすくなったり、すでにできていると濃くなったり広範囲にできたりすると言います。

 

ですから一般的なシミと同様、紫外線対策をしっかりと行っていくことが大事です。

誤ったスキンケアや刺激が強いハイドロキノンなどで対策をしようとせず、根気が大事

また誤ったスキンケアがそばかすをもたらしてしまう可能性もあります。たとえばそばかすを何とかしたいとピーリング化粧品を過剰に使った結果肌に負担がかかってますます増えてしまうケースなども見られるのです。

 

もともと遺伝的にそばかすができやすい人がこうしたシミができやすいスキンケア環境を重ねていくと発症してしまうという意見も見られます。

 

ですから対策としては基本的なシミ対策をしっかり行っていくことが第一です。紫外線対策をしっかり行いつつ、メラニン色素が沈着を起こさないようバリア機能の改善やターンオーバーの活性化を目指す。

 

ただ注意したいのは先ほど挙げたようなピーリング化粧品のほか、刺激が強いハイドロキノンのような美白成分を使いすぎて肌に負担をかけるような対策は行わないことです。

 

シミに比べて美白化粧品による改善効果があまり期待できない面もあるのであまり過剰に期待せずに根気強くケアしていくようにしましょう。

 

あとはクレンジングで負担をかけない、食生活の改善など体の内面からアプローチできるケアを取り入れるといった工夫も行っていきたいところです。なお10代まではあまり焦らず無理して集中的なケアは避けたほうがよいでしょう。

シミの種類と対策-炎症性色素沈着

肌荒れやニキビ跡が色素沈着を起こし、シミになってしまうケース

炎症性色素沈着とは肌アレなどで炎症ができてしまったときの後遺症でシミができてしまった状態のことです。

 

ニキビ跡でも同じような状態が起こることも多く、日ごろのスキンケアが非常に重要になってくるタイプのシミでもあります。

 

色素沈着がもたらすシミといえば日焼けによるメラニン色素の沈着がまず思い浮かびます。

 

これは紫外線のダメージから肌を保護するために生成されたメラニン色素がそのまま皮膚に残ってしまうことで起こるわけですが、この炎症性色素沈着も基本的なメカニズムは同じです。

 

違うのは炎症による刺激でメラニン色素が増加すること、そのため対策では炎症をできるだけ防ぐとともに、紫外線対策も組み込んでいく必要があります。

 

ではどうして炎症が起こってしまうのか?これはエイジングケアの根本にも関わってくるとても大事なポイントです。

 

紫外線対策をしっかり行わないのも大きな原因ですが、現代人はそれ以上に生活習慣や日ごろのスキンケアが原因で炎症が起こりやすい状態を作ってしまっているケースが多いのです。

 

まず老化による乾燥。老化が進むとセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が角質層から失われていくことで乾燥が進んでいくのですが、同時にバリア機能も低下していきます。

 

その結果ちょっとした刺激に対して炎症を起こしやすい状態になります。さらにターンオーバーの周期も遅れがちになって古い肌と新しい肌の入れ替わりがスムーズに行われなくなることで色素沈着が起こりやすくなります。

 

しかも新しく健康な肌を作り出すための栄養分が不足した食生活、就寝中のターンオーバーが十分に機能しない乱れた睡眠環境などが積み重なることでますます炎症が起こりやすくなってしまいがちです。

過剰な洗顔や肌に負担の掛けるアイテムなどでも炎症は起こりやすい。まず炎症を起こさせない環境を

さらに誤ったスキンケアが炎症のリスクを高めていることもあります。

 

たとえば過剰な洗顔は皮脂膜の形成に欠かせない皮脂を除去してしまうだけでなく角質層のセラミドも洗い流してしまうことでみすみすバリア機能を低下させてしまいます。

 

そのほか肌に負担をかける美容液などのアイテムを日常的に使用している環境でも炎症が起こりやすくなります。

 

ですから対策としてはまず炎症が起こりにくい環境を心がけることが第一です。

 

そしてグリチルリチン酸などの抗炎症成分をうまくスキンケアに取り入れること、もし炎症が起こってしまった場合にはターンオーバーの活性化を心がけてメラニン色素の沈着を防ぐことも重要なポイントです。

 

日ごろのケアが大きくモノを言うだけに予防の段階からしっかりと心がけていきたいところです。

シミの種類と対策-脂漏性角化症(老人性イボ)

おもに首にでき、イボのように飛び出したシミのこと。角質が蓄積することで起こる

シミの種類のなかでも対策がとりわけ難しいといわれるのが脂漏性角化症(老人性イボ)です。

 

その名称からも窺えるようにイボのようなシミができるのが特徴で、「老人性ゆうぜい」と呼ばれることもあります。

 

このシミの大きな特徴は首にできることが多く、ほくろと間違えやすい点にあります。皮膚の表面が硬くなって盛り上がる状態になるため、ボツボツと飛び出した状態になってしまうので非常に目立つのです。

 

直接の原因はメラニン色素が沈着を起こした状態でその部分の角質が蓄積していくことです。本来なら剥がれ落ちていくはずの角質がどんどん蓄積していくことで塊になって表面がもりあがり、シミとイボの両方の特徴を備えたようなものになります。

 

ですから老人性色素斑の延長としてこの症状が見られることが多く、できるだけ早い段階での対策も求められます。

 

ただ、この脂漏性角化症に見られる角質が固まって皮膚が盛り上がっていく独特の症状がどうして起こるのか、詳しい原因はよくわかっていません。

 

全体的な傾向として40代以上、老化が気になり始める年代になって見られること、首をはじめとした皮膚が柔らかい部分にできやすいことなどが挙げられます。

首は顔と同等の紫外線を浴びるにも関わらずケアを怠りがち。しっかりと紫外線ケアを

このようにまだよくわかっていない部分も多いのですが、対策としてはやはりまず老人性色素斑を予防・改善することが第一です。

 

メラニン色素の生成と沈着を防ぐためにも紫外線対策と美白対策をしっかりと行っていくようにしましょう。首は顔と同じくらい紫外線を浴びやすいにも関わらず顔と比べて対策をしっかり行っていないことも多いので要注意です。

 

またターンオーバーの活性化を心がけることもこのシミを防ぐ上での大事な点です。

 

メラニン色素が沈着を起こしてしまうのも、角質が蓄積して塊になってしまうのもターンオーバーの乱れで古い角質が排出されにくい状況になっているのが大きな原因です。

 

プラセンタエキスやEGFといったターンオーバーの活性化を促す成分をスキンケアに取り入れていくことはもちろん、食生活や睡眠環境の改善など体の内面からのアプローチもぜひ行っていきたいところです。

 

残念ながらすでにできてしまった脂漏性角化症をスキンケアなどの日ごろのケアで解消することは難しく、皮膚科でのレーザー治療や液体窒素などの治療などの検討も必要になってきます。

 

放置しておくとどんどん増えていくこともあるので予防に努めつつ、気になる場合には皮膚科で診察を受けてみるようにしましょう。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

シミ・くすみに人気のオールインワン

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

3500万個突破!潤いと美白が同時に実感できる最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美容有効成分99%!洗顔後30秒でニキビをシミにさせない美白オールインワン
4,996円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,496円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!