医薬品と医薬部外品どちらを選べばいい?

医薬品は世間一般に言うところの「薬」で、予防、治療効果が見込める

シミ対策用に開発されたスキンケア製品の中には「医薬部外品」と表記されているものがよく見られます。

 

一度できてしまうと解消するのが難しいといわれるシミ対策には医療の分野でも使用される成分が配合されていることが多く、医薬部外品が多い傾向が見られるのです。

 

ただこうした表記は少々わかりづらい面もあります。医薬部外品であることをセールスポイントにしている製品も多いのですが、医薬部外品と化粧品、さらには医薬品とでは何が違うのか区別がなかなかうまくできないものです。

 

医薬品、医薬部外品の方が言葉の響きから効果がありそうな感じもしますが、実際にどれだけ効果が高いのか、また医薬品と医薬部外品では何が違うのかもパッと見ただけで判断するのはほとんど不可能です。

 

そうした事情からまず医薬品、医薬部外品、化粧品の違いを把握しておくことが大事です。それには薬事法という法律が深く関わっています。この法律によってこの3種類が規定され、商品の表記や宣伝方法も違ってくるからです。

 

医薬品とは簡単に言えば配合されている成分によって特定の病気や怪我の治療・予防に用いることができる製品のことです。

 

世間一般に言うところの「薬」です。配合成分が目的としている病気・怪我に効果があることが証明され、その働きによって一定の予防・治療効果が見込めるものを言います。

医薬部外品は医薬品のように効果・効能はうたえない。成分の配合量や効果が低め

それに対して医薬部外品は医薬品と同様、特定の病気・怪我に対して一定の効果が期待できる成分が配合されているものの、確実な効果が期待できるわけではなく、予防に重点をおいて作られた製品のことを言います。

 

そのため効果には個人差があり、医薬品と変わらない効果が得られることもあれば、まったく効果が得られないといったことも起こりえます。

 

なので製品に「効果・効能」といった表記を行うことが認められていません。ちょっとあいまいな部分がある分類なのですが、「予防・改善に役立つ成分が配合されているけど医薬品ほどの確実な効果は期待できない」といったところでしょうか。

 

そして化粧品は病気や怪我を治すよりも外見を美しくする、体を清潔にする、若々しさを保つといった目的で作られている製品です。医薬品・医薬部外品と同じ成分が配合されている場合も配合量が少なく、効果も緩やかになっています。

 

ですから医薬品と医薬部外品のどちらがいいか、となると効果を重視すると医薬品、副作用のリスクなどを避けて安全に使用したい場合には医薬部外品という選択になるでしょうか。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

 

シミ・くすみに人気のオールインワン

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

3500万個突破!潤いと美白が同時に実感できる最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美容有効成分99%!洗顔後30秒でニキビをシミにさせない美白オールインワン
4,996円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,496円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

PCリペアゲル Wセラム

美白オールインワン効果

定期初回はなんと700円!ツヤと透明感を生むオールインワン美容液
4,428円・税込/定期初回700円(2回目以降3,985円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!