乾燥肌が美白オールインワンを選ぶ際のポイント

乾燥肌はバリア機能が低下していることが多いので、肌への負担が少ないオールインワンを選ぶ

乾燥肌は敏感肌とともにバリア機能が低下しているので紫外線をはじめとした外部からの刺激を受けやすい環境にあります。

 

そのためメラニン色素の増加によるシミ・くすみができやすい肌環境でもあるのですが、その一方でスキンケアそのものの刺激も気になって十分なケアができないという難しい面も抱えています。

 

その意味で美白オールインワンは摩擦の刺激を最小限に抑えることができるという点でよい選択肢でもあるわけですが、美白化粧品はもともと一般の化粧品に比べて肌への刺激が強いと言う難点もあります。

 

ですからオールインワン化粧品のメリットを失わないためにもまずは肌に負担をかけずに使用できる製品を選びましょう。

 

この点は敏感肌の美白オールインワン選びとも共通する部分ですが、まず添加物ができるだけ含まれていないものを選ぶことが第一です。

配合されている成分が多いほど肌への負担大。本当に必要な成分かどうかを見極めたい

それから配合されている成分があまり多くないものの方が適しています。どうしても1本でひと通りのスキンケアを済ませるオールインワンはいろいろな作用をカバーするために配合成分の種類が多くなりがちです。美白作用も必要となればなおのこと。

 

ただスキンケア製品は配合成分の種類が多くなればなるほど肌への負担が大きくなります。それにたくさんの成分が配合されていると品質を保持するために防腐剤などの添加物が必要になってくるという事情もあります。

 

ですから美白成分を含めて自分の肌にはどんな成分が必要なのかをよく検討したうえでできるだけ配合成分が厳選された製品を選ぶようにしましょう。

 

そのどんな成分が必要なのか、と言う点ではやはり保湿成分が第一で、どんな保湿成分がどのような形で配合されているかをしっかりと確認しておくことが大事です。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の3大保湿成分は当然のこととして、セラミドなら浸透性と効果に優れたヒト型セラミド、コラーゲンとヒアルロン酸なら浸透性をアップさせた低分子型など浸透性や持続性に配慮した工夫が施されているかどうかも見ておきましょう。

 

それから美白成分の種類。この点が乾燥肌の美白オールインワン選びにおける最大のポイントといってもよいでしょう。美白成分は効果が優れていればいるほど肌への負担が大きくなる傾向が見られます。あくまで自分の肌に負担をかけずに無理なく使用できる美白成分を選びましょう。

 

1本でひと通りのスキンケアを済ませるオールインワンの性質上、肌に合わないからといってちょっと使用を止めて様子を見るというのがなかなかできないだけに最初の段階で慎重な選択が求められます。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

敏感肌が美白オールインワンを選ぶ際のポイント

肌に負担の掛からない成分を選びつつ、美白ケアにしっかり役立てられる製品を選びたい

敏感肌の美白オールインワン選びではオールインワンがもともと持ち合わせているメリットを最大限に活かしつつ、どれだけ美白ケアに役立てていける製品を選べるかどうかが鍵となるでしょう。

 

バリア機能が低下していることで刺激に敏感になってしまっているのが敏感肌の大きな悩みの種です。

 

そのため摩擦の刺激を最小限に抑えることができるオールインワンはとても魅力的な選択肢となるわけですが、美白成分が配合されている場合はその刺激が肌に負担をかけてしまうこともあるので注意しなければならないのです。

 

問題なのは中途半端な製品を選んでしまう恐れがあることです。現在市販されている美白オールインワン化粧品は単品で使用する美白美容液に比べて刺激の少ない美白成分が配合されている傾向がみられます。

 

ビタミンC誘導体やプラセンタが代表格ですが、これは肌に優しい一方、美白効果そのものはハイドロキノンやアルブチンなどに比べると少々劣る面もあるのです。

 

ですから普通のオールインワンに比べて刺激が強い製品を選んだにも関わらず期待したような美白効果が得られない、そんな中途半端な結果になってしまうケースも考えられるわけです。

 

この点を踏まえて敏感肌の方が美白オールイワンを選んでいくためにはまず保湿効果がどれだけ優れているかをチェックしておきましょう。敏感肌が刺激に敏感になってしまっている原因のほとんどは乾燥によるものです。

 

ですから保湿対策でそれを改善すればバリア機能もアップして美白成分がもたらす刺激にも耐えられやすくなります。

まずは美白ケアができる肌環境を。保湿成分やターンオーバー活性化成分などがおすすめ

また美白成分に加えて肌環境を改善する成分にどんなものが選ばれているのかを見ておきましょう。美白成分の効果が弱い分、先ほど上げた保湿によるバリア機能の改善やターンオーバーの活性化の作用も備えることでシミ・くすみ対策に役立てていけるかどうか。

 

低刺激だけに着目するのではなく、ここでも刺激に耐えられる肌環境に改善できるかどうかを踏まえたうえで製品を選んでいきたいところです。

 

このように敏感肌の美白オールインワン選びでは美白効果よりもまず敏感肌を改善できるかどうかで選択肢を絞り込んでいく作業が求められます。

 

1本でひと通りのケアができるのがオールインワンのメリットですが、逆に言えばその1本の選択を誤るとスキンケア全体が不適切な環境に陥ってしまう恐れもあります。その難しさを踏まえたうえでの選択が求められます。

 

実際に使ってみて肌と相性がよいか確認してから決めるなど慎重な判断も必要になるでしょう。

混合肌が美白オールインワンを選ぶ際のポイント

部分的に違うケアが求められる混合肌は、オールインワン選びが難しい面も

混合肌の方が美白オールインワンを選ぶ場合にはまずオールインワンとしてしっかりと毎日のケアに使っていけるかどうかを確認しておくことが大前提です。

 

場所によって脂っぽい部分と乾燥している部分がある混合肌はもともとあまりオールインワンと相性がよい肌質とはいえないからです。

 

混合肌のケアのポイントは適材適所を踏まえたスキンケア製品選びにあります。Tゾーンのように脂っぽい部分には脂性肌用の製品を、口元や目元など乾燥しがちな部分には乾燥肌用の製品をそれぞれ使い分けることで場所による肌環境の違いに対処していくことができます。

 

しかしオールインワンは1本でひと通りのスキンケアを行うためのものですから、こうした使い分けが難しいのです。

 

乾燥肌用のオールインワン化粧品は顔全体が乾燥していることを前提に作られていますし、脂性肌用のオールインワンは脂っぽいことを前提に作れている、というわけで一方に合わせるともう一方のケアが上手くできなくなるという問題が出てくるのです。

まずは乾燥した部分に合わせて製品選びを。皮脂の分泌量を調節する作用にも注目

ですから美白効果云々よりも基本的なケアができるのかどうかを確認しておきましょう。使用することでTゾーンにベタつきが生じないか、逆に口元・目元がカサつきが生じないか。このもっとも基本的な部分を必ず確認しておくようにしましょう。

 

そのうえで乾燥した部分に合わせて製品を選んでいきます。これは混合肌のスキンケア製品選びにおける鉄則ですが美白化粧品ともなるとこの点がとくに重要な意味を持ってきます。

 

美白オールイワンは美白成分が配合されている分普通のオールインワンに比べて肌に負担がかかりやすい面がありますから、乾燥した部分に合わせて選ばないと肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなってしまうのです。

 

美白成分に関してはハイドロキノンはもちろん、アルブチンやトラネキサム酸といった成分よりもビタミンC誘導体やプラセンタエキスのように肌への影響が少ないタイプを選んだほうがよいでしょう。

 

あとは保湿効果が備わっていることに加えて皮脂の分泌量を調節する作用があるかどうかも見ておきましょう。

 

ビタミンC誘導体やビタミンB2、B6は皮脂の分泌量を整える働きがあるのでうまくスキンケアに取り入れていくことで混合肌そのものの改善にも役立ちます。

 

保湿は乾燥している部分はもちろん、脂っぽい部分にもきちんと行うことで水分と脂分のバランスを調節するのに役立ちます。

 

このように混合肌の美白オールインワン選びは少々難しい部分もあるのですが、こうしたポイントを踏まえつつよい製品を選んでいきましょう。

脂性肌が美白オールインワンを選ぶ際のポイント

脂性肌はまず、オールインワンという選択肢が自分にベストかどうかをしっかり考える

脂性肌の方は乾燥肌・敏感肌に比べてシミの悩みを抱えにくい傾向があります。

 

乾燥によってバリア機能が低下する心配が少ないので外部からの刺激でメラニン色素が増加するといった悩みが少ないからです。ただそんな脂性肌でも老化が進んでいくとシミのリスクは確実に高まっていきますから、日ごろからしっかりとケアしていくことが大事です。

 

そんな脂性肌が美白オールインワンを選ぶ際にはまず本当にオールインワンという選択肢が自分にとってベストなのかをよく検討しておきましょう。オールインワンの大きなメリットは摩擦による刺激を最小限に抑えることができる点にあります。

 

刺激に弱い乾燥肌・敏感肌の方にとっては大きなメリットとなるわけですが、脂性肌にとってはそれほど魅力的とはいえない面もあります。

 

むしろ単品の美白美容液を使ってケアするときほど美白効果が得られないデメリットの方が気になる可能性もありますから、自分に美白オールインワンは向いているのか、美白美容液を使ったほうがいいのではないか、よく考えた上で判断しましょう。

肌環境に問題が内容であれば、高い効果が期待できる美白成分を選んでみたい

それからどんな美白成分が配合されているのかもしっかりとチェックしておきましょう。美白オールインワンは肌への負担を抑えるため、あまり効果が強い美白成分は配合されていない傾向が見られます。

 

その代わりターンオーバーの活性化やバリア機能の低下を改善することでシミができにくい肌作りを目指しているのです。

 

ただ脂性肌にとってはバリア機能の改善はあまり必要な効果ではありませんし、肌への刺激はそれほど気にならない分できるだけ効果の高い美白成分を補っていきたいところです。

 

この点も脂性肌に美白オールインワンは向いているのか、というテーマと結びついてくるのですが、シミの状態に合わせて高い効果が期待できる美白成分が配合されている製品を選んでいきましょう。

 

バリア機能に問題がない、自分の肌は少しくらいの刺激に耐えられるという場合にはハイドロキノン配合の製品がおススメです。その場合にはハイドロキノンの濃度をしっかりチェックするのを忘れないようにしましょう。

 

あとは保湿効果もしっかりチェックしておきましょう。年齢はを重ねると表面は脂ぽいも関わらず角質層の保湿力が低下していく傾向が見られます。そのためシミ対策やエイジングケアでは脂性肌にも保湿対策が求められるのです。

 

とくに細胞間脂質のセラミドが不足すると紫外線のダメージを受けやすくなるのでしっかり補える製品を選びましょう。

 

あとはベタつかないようさっぱりした使い心地のものを選ぶこと、毛穴を詰まらせないよう脂分が少なめのものを選ぶことなど、脂性肌の基本的なオールインワンの選び方を踏まえておけばよいものを選んでいくことができるはずです。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

シミ・くすみに人気のオールインワン

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

3500万個突破!潤いと美白が同時に実感できる最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美容有効成分99%!洗顔後30秒でニキビをシミにさせない美白オールインワン
4,996円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,496円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

PCリペアゲル Wセラム

美白オールインワン効果

定期初回はなんと700円!ツヤと透明感を生むオールインワン美容液
4,428円・税込/定期初回700円(2回目以降3,985円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!