血行不良によるくすみとケア方法

血行不良によるくすみは生活習慣の見直しと改善が求められる

血行不良によるくすみはスキンケアよりも生活習慣全般の改善とケアが求められます。

 

老化はもちろん、日常生活の中で何気なく重ねている習慣が原因となってしまっていることも多いからです。

 

くすみの中でも血行不良が原因のものは他のくすみの種類と比べて際立った特徴があります。それは肌そのものに問題が生じているわけではなく血液の流れという体内の状況に問題が生じている点です。

 

ですから乾燥や糖化、紫外線などが原因のくすみに比べて肌に直接アプローチするスキンケア製品での対策ではどうしても限界があるのです。

 

そもそもどうして血行不良でくすみが起こってしまうのか?それは血液の流れが悪くなると酸素や栄養を体中に運ぶ役割を担っているヘモグロビンが減少してしまうからです。

 

血液中に酸素が豊富にあるとヘモグロビンは酸素と結びついて赤い色をしているのですが、血行不良などの原因で酸素が不足すると結合できずに青黒い色になってしまうのです。そしてそれが皮膚から透けてみかることで黒ずんだくすみになります。

 

目の下のクマと合わせてくすみが生じることが多いのは目の下はとくに皮膚が薄いのでこの血液の色の変化が表面に出やすいからです。

 

ですから血行不良を改善するための対策が求められます。

ストレスの蓄積は大敵、適度な運動や入浴時間の充実でストレス解消を

一番よくないのはストレスを溜め込むことで、自律神経を乱すことで血管を収縮させてしまうほか、ビタミンCを消費することで老化の原因を作ってしまいます。

 

さらに女性の場合はホルモンバランスを乱すことで血管を拡張させる働きを持つエストロゲンが減少してしまうと血行不良が起こりやすくなります。つまりストレスを蓄積させているとさまざまな要因が積み重なる形で血行不良がどんどん進んでしまうのです。

 

自分なりにいろいろな方法でストレス解消を図る必要があるわけですが、その際には適度な運動がおススメです。

 

とくにウォーキングやランニングなど外で行う有酸素運動は血行を促し、自律神経を整える働きも期待できるので一石二鳥です。

 

それから入浴の時間を充実させること。入浴中には血行がよくなりますから、マッサージをしてさらに促すほか、適度な温度(38〜40℃くらい)の湯船に20分くらいつかる習慣もとりいれましょう。

 

湯船につかってよい汗をかくと老廃物を排出させるデトックス効果も期待できます。シャワーだけで済ませている方はくすみケアの一環として改めましょう。

 

スキンケアでは血行促進効果が期待できるイチョウ葉エキスやセンブリエキスなどが配合された製品がおすすめです。いずれにしろ、体の内面にアプローチできるケアが求められるでしょう。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

乾燥によるくすみとケア方法

乾燥によるくすみ対策はなんといっても保湿対策が第一。根本的に乾燥肌を改善したい

乾燥がもたらすくすみのケアはなんと言っても保湿対策が第一です。根本の原因となる乾燥を何とかしないことにはくすみ対策そのものが思うようにできないからです。

 

肌の乾燥はバリア機能の低下も引きおこします。そのため紫外線をはじめとした外部からの刺激を受けやすくなり、メラニン色素の増加、沈着によるくすみのリスクが高まるのです。

 

しかも刺激に敏感な状態になっているとスキンケアそのものが思うようにできなくなってしまいますから、保湿対策で乾燥とバリア機能の低下を改善することがそもそもの大前提となるわけです。

 

保湿対策では保湿成分をしっかり補うのはもちろん、浸透性や持続性にも着目しましょう。

 

たとえば保湿成分の定番、コラーゲンとヒアルロン酸はもともと分子が大きいのでそのまま補っても角質層に十分に浸透しないといわれます。ですから加水分解などの技術で分子量を小さくして配合した製品の方がしっかり浸透させることができるのでおススメです。

油分を適度に補って化粧水や美容液の有効成分にしっかりフタをする

それから油分を適度に補うケアも忘れないようにしましょう。皮脂の分泌量が少なく表面の油分が不足していると皮脂膜がしっかりと形成されずに外部からの刺激に敏感になってしまうほか、角質層の水分が蒸発しやすい状態になってしまいます。

 

そこで油分をうまく補って表面にフタをすることで蒸発を防ぐことが大事になってくるのです。これは化粧水や美容液で補った有効成分が蒸発して効果を十分に発揮しないで終わってしまうのを避けるうえでも大事な点です。

 

なおセラミドは脂溶性なので油分が多めのアイテムで補うと肌になじみやすいと言われています。くすみ対策では美白化粧品だけでなく乳液・クリームでの油分の補充と保湿対策も行っていきましょう。

 

保湿とともにターンオーバーの活性化も重要なテーマです。バリア機能の低下でメラニン色素の生成量が増えているところにターンオーバーの乱れが加わると沈着が起こりやすい環境になってしまいます。

 

肌がカサついている方は乾燥だけでなくターンオーバーも乱れている可能性が高いのでプラセンタエキスやEGFといった有効成分もうまく補っていきたいところです。

 

後はメラニン色素の沈着が直接の原因なので美白成分もうまく取り入れていくことになるのですが、美白成分の中には肌への刺激が強いものもあるのであくまで乾燥しがちな自分の肌で問題なく使用できる成分を選ぶことが大前提です。

 

まず保湿対策をしっかり行い、バリア機能を改善したうえでより効果の高い美白化粧品を選ぶといった段階を踏んだケアも視野に入れておくとよいかもしれません。

黄色っぽくなるくすみとケア方法

近年よく聞く黄くすみには2つのタイプがあり、どちらも脂質と糖分が大きく関係している

くすみの中でも現在もっとも注目され、また改善が難しいといわれているのが黄色っぽくなるくすみです。

 

肌や体のメカニズムに関する研究が進んだことで近年になって明らかになった部分が多く、十分対策方法がまた確立されていない面もあるので注意が必要な種類でもあります。

 

黄色っぽくなるくすみには大きく分けて2つのタイプがあると考えられています。

 

まずは「カルボニル化」と呼ばれるもので、脂質の分解物とたんぱく質(コラーゲンなど)が結びつくことでたんぱく質が変質、黄色くなる現象です。その結果これが肌を透かして黄色く見せることでくすみになってしまうのです。

 

もうひとつが現在注目されている「糖化」と呼ばれる現象です。こちらは体内の糖分がたんぱく質と結びつくことでAGEと呼ばれる黄色い物質に変質し、それが肌を透かして黄色く見せてしまう現象です。

 

なお、カルボニル化に関してはまだ研究が十分に進んでいない面もあり、今後の解明が期待されています。一説によると糖化に比べてくすみの度合いが大きくより厄介だとされています。

ストレスや喫煙は他のくすみ原因と同様、黄くすみでも無視できない大きな原因

このように不明な点が多いのでケアが難しい黄色っぽくなるくすみですが、原因に関してはある程度明らかになっている部分もあります。

 

まずたんぱく質と結びついてしまう脂質・糖分の過剰摂取。ただでさえ老化によって脂質、糖質がたんぱく質と結びつきやすくなってしまうのに加えて食生活の影響で摂取量が多いとくすみが進行しやすくなってしまいます。

 

現代人はもともと糖分・脂質の摂取量が多いと言われていますし、インスタントラーメンやジャンクフードで知らず知らずのうちに大量に摂取してしまっていることもあります。まずは食生活の段階から注意するようにしましょう。

 

さらに生活習慣がカルボニル化、糖化の両方を引き起こす可能性も指摘されています。

 

まず老化をもたらす紫外線。これはメラニン色素の沈着によるくすみの原因にもなるので必ず紫外線対策を行うようにしましょう。

 

さらに厄介なのがストレスの影響です。日ごろからストレスを抱えているとビタミンCが消費してしまったり、血行が悪化するなどの影響が生じるのですが、それが黄色っぽくなるくすみの遠因になっていると指摘されているのです。

 

さらに喫煙の習慣がある方はニコチンの影響でビタミンCが大量に失われてしまうので気をつけましょう。

 

こうして見てもスキンケアよりも生活習慣の改善が重要なことが窺えます。より幅広いくすみ対策を心がけたいところです。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

シミ・くすみに人気のオールインワン

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

3500万個突破!潤いと美白が同時に実感できる最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美容有効成分99%!洗顔後30秒でニキビをシミにさせない美白オールインワン
4,996円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,496円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

PCリペアゲル Wセラム

美白オールインワン効果

定期初回はなんと700円!ツヤと透明感を生むオールインワン美容液
4,428円・税込/定期初回700円(2回目以降3,985円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!