そもそも肌のターンオーバーってなに?

スキンケア、とりわけエイジングケアではターンオーバーの活性化が重要だとよく言われます。プラセンタやEGF、レチノールといった成分にはターンオーバーを活性化させる働きがあり、それをスキンケアで補っていくことでシワやたるみを改善することができる…いろいろなスキンケア製品でそうした説明を読んだことがある方も多いはずです。

ターンオーバーとは新しい皮膚と古い皮膚の入れ替わり

ターンオーバー

このターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで、簡単に言えば新しい皮膚が作られつつ、古い皮膚と入れ替わっていく現象のことです。軽い火傷、あるいはちょっとした傷を皮膚に負ったときには時間の経過とともに少しずつ薄くなり、やがては消えてなくなります。もっとわかりやすい例では夏場に日焼けした肌がその後元の状態に戻る、こうした現象もターンオーバーによって新しい肌へと入れ替わっているからこそ起こるものなのです。

 

ターンオーバーの周期は通常28日周期と言われています。つまり約1ヵ月かけて古い肌が新しい肌と入れ替わり、肌が「生まれ変わって」いるわけです。肌の奥から新しく生まれた皮膚に古い皮膚が表皮に押し出される形になり、最終的に垢の形で剥がれ落ちることになります。若く新陳代謝が活発な人ほど垢ができやすいといわれますが、それもターンオーバーが活発に機能しているからです。

 

ただ、この28日周期というのはあくまで平均値。実際の周期には個人差があるほか、年齢や健康状態によっても差が出てきます。簡単に言えば皮膚を作り出す細胞の働きが停滞していたり、新しい皮膚を作るのに必要な酸素や栄養が不足していると周期が遅れていくのです。

加齢が原因でターンオーバーが遅れてしまうことも

ターンオーバー

とくに加齢の影響が大きく、40代になると周期が40日以上、50代になると50日以上に間で延びてしまうこともあります。あとは血行不良も皮膚を作るのに必要な酸素と栄養がうまく届けられなくなることで周期を遅らせる大きな要因となります。

 

なお、体の部位によっても周期が異なっており、顔の中では皮膚がもっとも早く20日前後くらい、逆に血行が滞りやすい手足に指などはかなり遅くなります。

 

当然ターンオーバーが活発で古い肌がしっかり排出されて新しく健康な肌が維持できているほうがトラブルが起こりにくく、若々しい状態を維持できるわけです。逆に周期が遅れると古い皮膚が剥がれ落ちずに肌に蓄積する角質肥厚が起こったり、メラニン色素の排出も遅れて沈着を起こすことでシミができてしまったりといったトラブルが起こりやすくなります。

 

こうしてみてもスキンケアではいかにターンオーバーを維持するか、周期が乱れている場合にはいかに改善できるかが鍵を握るかが窺えます。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

シミ・くすみに人気のオールインワン

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

3500万個突破!潤いと美白が同時に実感できる最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美容有効成分99%!洗顔後30秒でニキビをシミにさせない美白オールインワン
4,996円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,496円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

PCリペアゲル Wセラム

美白オールインワン効果

定期初回はなんと700円!ツヤと透明感を生むオールインワン美容液
4,428円・税込/定期初回700円(2回目以降3,985円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!