肝斑も美白化粧品で改善できるの?

肝斑は30代から40代の女性、また妊娠中の女性によく見られるシミです。このシミをもたらす詳しいメカニズムはまだはっきりと解明されていないのですが、女性ホルモンのバランスの乱れがかかわっているというのが有力です。老化やストレスの影響でホルモンバランスを乱しやすい30代〜40代、妊娠の影響でホルモンバランスが変化する妊婦に多いのもそれが理由と考えられているのです。

美白化粧品でメラニン対策を行っていくと肝斑改善に繋がることも・・

美白化粧品と肝斑

となると美白化粧品では肝斑の改善は難しいのではないかとも思えます。市販されている美白化粧品は紫外線などの外部からの刺激によって生成されるメラニン色素を抑制する働きがメインですから、ホルモンバランスという体の内面で起こっている変化には効果が期待できないのではないか、と考えてもおかしくはありません。

 

実際のところ市販の美白化粧品で肝斑を改善できるかどうかに関しては意見が分かれているうえに効果があるとしても個人差が見られます。

 

女性ホルモンが原因とはいえ、直接的にはメラニン色素が増加し、沈着を起こすことでシミができるという点では老人性色素斑に代表される他のシミと共通しています。また、ホルモンバランスの乱れが原因で生じた肝斑も紫外線を浴びることで濃くなります。ですから美白化粧品でメラニン対策を行っていくことで改善していく効果も期待できるのです。

 

ただ、アルブチンなどもっぱらメラニン色素の生成を抑制する効果がメインの美白成分を配合した美白化粧品の場合は期待したほどの効果は得られにくいと考えられています。紫外線ではなくホルモンバランスの影響でメラニンが増加することから、肌に直接塗布してもメラニン色素の生成を抑制する効果が得られにくいと考えられるからです。

美白化粧品で肝斑ケアするなら還元作用のある成分を

美白化粧品と肝斑

ですから美白化粧品でケアする場合にはすでに沈着を起こしてしまったメラニン色素を薄くする還元作用を備えたハイドロキノンやビタミンC誘導体の方が効果が期待できるでしょう。

 

ただ根本的に肝斑を改善したい場合にはやはり美白化粧品だけのケアでは難しく、皮膚科での治療が必要というのが一般的な見解です。皮膚科では美白成分のトラネキサム酸を配合した内服薬を使った治療が行われており、美白成分を体の内面から取り入れることでメラニン色素の生成を防いでいます。

 

この点からも皮膚に直接塗布する美白化粧品では効果に限界があるといえるでしょう。なお、皮膚科でシミの改善によく使用されるレーザー治療は肝斑には効果が得られません。

 

このように、肝斑は美白化粧品でのケアでも効果が期待できますが、根本からの改善にはホルモンバランスの改善といった生活習慣の改善に加えて医療機関での内服薬での治療などが必要になります。肝斑ができた場合には早めに皮膚科に受診するのが一番効果的な対策方法でしょう。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

シミ・くすみに人気のオールインワン

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

3500万個突破!潤いと美白が同時に実感できる最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美容有効成分99%!洗顔後30秒でニキビをシミにさせない美白オールインワン
4,996円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,496円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

PCリペアゲル Wセラム

美白オールインワン効果

定期初回はなんと700円!ツヤと透明感を生むオールインワン美容液
4,428円・税込/定期初回700円(2回目以降3,985円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!