シミとほくろ・そばかすの違いって?

シミ対策を行う場合には原因を見極めたうえで適切な方法を日々の生活の中で取り入れていく必要があります。

ほくろの方がサイズが大きく、色が濃い、境界線がはっきりしているなどの特徴が

その際に気をつけたいのがシミ、ほくろ、そばかすの違いです。それぞれ原因や症状が違いますから、見極めがしっかりとできていないと見当違いなケアに陥ってしまう恐れがあります。

 

まずシミとほくろの違いをはっきりしておきましょう。あまり見間違えることはないかもしれませんが、シミが濃くなった場合には区別が難しくなることもあります。また、ほくろに紫外線を浴びるとどんどん広がることもあるので要注意です。

 

この2つはどちらもメラニン色素が原因でできるものですが、皮膚の状態に大きな差が見られます。ほくろの多くは表面がもりあがっていたり、ザラザラしているなど他の部分と違いが見られることが多いのです。

 

それに対してシミにはこうしたケースはほとんど見られません。また、基本的にはほくろの方がサイズが大きく、また色が濃い特徴を備えています。他にはほくろは境界線がはっきりしているのに対してシミは輪郭がぼやけているものもある(とくに肝斑によく見られる)といった違いも挙げられます。

そばかすはシミの一種であるが、メカニズムや表れる範囲が一般的なシミとは異なる

もうひとつのシミとそばかすの違いもなかなか難しいものです。そばかすも広い意味でシミの一種として扱われていますが、その原因やメカニズムに関しては通常のシミとはかなり異なる面があると考えられています。

 

シミは紫外線などの刺激によってメラニン色素が沈着を起こすのが原因です。

 

つまり紫外線を浴びやすく、バリア機能の低下やターンオーバーの乱れなどの問題を抱えていれば誰にでもできるわけですが、そばかすの場合はできる人とできない人でかなりの個人差が見られるのです。

 

これは遺伝的な要素が大きいと考えられており、よく知られているように白人に多く、日本人にはあまり見られません。

 

またできる人は子供の頃からできることが多く、大人になってから急にそばかすができるというケースも稀です。子供の頃にできている場合には大人になったら自然になくなる場合と、そのまま残る場合も見られます。

 

このようにそばかすは少々とらえどころがなく対策が難しい部分もあるのですが、普通のシミと同様紫外線の影響も大きいと考えられています。ですからそばかすに悩まされている人もシミ対策の一環として日ごろから日焼け止めなどで紫外線対策をしっかりと行っていくことが大事です。

 

見た目の違いとしてはそばかすは目のしたを中心に広範囲に広がることで、ひとつだけポツン、ポツンとできるシミとは発生する状況が異なっています。

 

こうしたシミ、ほくろ、そばかすの違いを知っておけばもし気になるシミができたときにそれがどんなものなのかを把握したうえで適切な対策ができるようになります。エイジングケアの基礎知識してしっかりと踏まえておきましょう。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

シミ・くすみに人気のオールインワン

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

3500万個突破!潤いと美白が同時に実感できる最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美容有効成分99%!洗顔後30秒でニキビをシミにさせない美白オールインワン
4,996円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,496円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

PCリペアゲル Wセラム

美白オールインワン効果

定期初回はなんと700円!ツヤと透明感を生むオールインワン美容液
4,428円・税込/定期初回700円(2回目以降3,985円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!