ハイドロキノンを使うメリットや注意点って?

強力な美白作用がある反面、肌への刺激が強いという難点もある

ハイドロキノンと言えば美白成分の代表格、「最強の美白成分」「肌の漂白剤」といった呼ばれ方もされています。

 

それだけ優れた美白作用を備えているのですが、その一方で使い方が難しい面もあり現在売られている美白化粧品では敬遠される傾向も見られます。

 

近年のスキンケア業界では肌に優しく低刺激なものが求められているため、ハイドロキノンはメリットよりもデメリットの方が注目されてしまう面があるのです。

 

ただ美白対策に活躍してくれる成分なのは間違いないですから、そのメリットと使用するうえでの注意点を知っておきたいところです。

 

まずメリットはなんといっても強力な美白作用にあります。シミは紫外線など外部から刺激を受けた時にそれから肌を保護するために生成されるメラニン色素という茶褐色の色素が角質に沈着を起こしてしまうことで生じます。

 

ハイドロキノンはそのメラニン色素を生成するメカニズムに介入することで生成を抑制することができるのです。具体的にはメラニン色素が作られる際に活躍するチロシナーゼという酵素の働きを阻害する働きがあります。

 

このメラニン色素の生成を抑制する働きは他の美白成分、アルブチンやトラネキサム酸などにも備わっているのですが、ハイドロキノンにはもうひとつ強力な作用が備わっています。

まずは低濃度から試していき、自分にあった濃度のものを把握して活用していく

すでに沈着を起こしシミになってしまったメラニン色素を薄くする還元作用という働きがあるのです。

 

この還元作用を備えている美白成分は今のところこのハイドロキノンとビタミンCのみ。

 

しかも効果は断然ハイドロキノンの方が優れているため、すでにできてしまっているシミを何とかしたい場合にはこの成分に勝る美白成分はないと考えられています。

 

このように強力な作用が期待できる成分なのですが、その一方で肌への刺激が強いという難点を抱えています。

 

もともとこの成分は医療の現場でも広く使用されており、かつては扱いが難しいこともあって化粧品での使用は禁止されていました。それが2001年に薬事法が改正されたことで可能になったという経緯があります。

 

これを見てもわかるように効果に優れている一方、使い方を間違うとさまざまなデメリットを抱えてしまう危なっかしさを秘めているのです。

 

まず刺激が強いので肌荒れを起こしてしまう恐れがあります。さらに怖いのは塗付した部分だけ美白作用が効きすぎて白斑と呼ばれる白い斑点のような状態になってしまうこともあります。

 

現在発売されているハイドロキノン配合の美白化粧品ではこのようなことが起こることはまずありませんが、知っておきたい注意点です。この成分が配合された化粧品には必ず濃度が記載されていますから、使って問題がない濃度を自分で確認したうえで選ぶことも必要です。

シミ・くすみに効果的な美白も出来るオールインワン化粧品

シミ・くすみに人気のオールインワン

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

3500万個突破!潤いと美白が同時に実感できる最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美容有効成分99%!洗顔後30秒でニキビをシミにさせない美白オールインワン
4,996円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,496円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

PCリペアゲル Wセラム

美白オールインワン効果

定期初回はなんと700円!ツヤと透明感を生むオールインワン美容液
4,428円・税込/定期初回700円(2回目以降3,985円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!